スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 関西合宿

2011年11月08日 20:11

参加メンバー

タイキ  ・・・ 淡路島はホーム
ジュント ・・・ 6inc以下のワームもういらない
田代   ・・・ 銀の魚から黒い魚に浮気

ということで、今年の関西合宿の参加メンバーは3人です。

(追加加筆)

初日は地元でも有名な大江川へ出撃しました。数々のバスプロを苦しめているフィールドです。

巻物をメインにニシワキとタイキの二人でやりましたが、不発!

見事にノッシュを食らいました。

二日目は琵琶湖の南湖の西側のビワコマリンでボートをお借りして、ビッグワンを狙いました。

平均水深はウィードのつらまで3~4mで巻きものしやすい状況。

タイキはディープクランクでヒットしていました。

PB041439.jpg
まさかのダブルヒット!

その後はなかなかアジャストできず、秋晴れ、無風のバットコンディションや小林虫(タイキ命名)の猛攻にあい、チビが数匹つれてストップフィッシングでした。

PB041441.jpg


その後のビワコマリンさんの釣果情報に60UPが出ており、かなりショックでした・・・。

しかし!ジャスターホッグとマキマキでつれたのでまだマシかなと思いました。

その帰り道に名古屋までダーシロを迎えにいき淡路島へ向かいました。

(加筆終了)

研究室関連で用事があった田代は、新幹線で途中合流しました。

土曜の2時くらいにジュントの家から淡路島へ出発し、4時半過ぎに到着しました。

天気予報的には雨。

開始した時は曇っていたものの、直ぐにポツポツと降り始めました。

いろいろと野池を巡回し、魚を獲っていきました。

淡路島は25000ほどの野池があって、その内半分ほどの池にはバスが入っているみたいです。

池ごとに水深、水色、ストラクチャーなどでの構成要素が違うのでいろいろなパターンが楽しめました。

クランク、バイブレーション、メタルバイブ、スピナーベイト、バズベイト、ノイジーなどなど色々なルアーで釣れました。

野池という狭い環境なのでその時にベストマッチしたルアーが選択できれば1投2投で釣れてくるので釣れれば、メチャクチャ気持ちいい!

そんな感じで1日遊び尽くして、暗くなったら釣具屋に行ったり、飯食ったり、コインランドリー行ったりして淡路島初日は終了。

幸い暑くもなく寒くもなくと行く感じで車中泊は、少しはマシでした。

二日目は曇り。

最初の池ではタイキが今回の淡路島での最大魚をゲット。

001_20111108191927.jpg

この日はタイキが40upを二本ほど捕獲しました。

しかも、テキサスでデカイ魚をラインブレイクで獲り逃がしてしまったらしい・・・。

さらにヤバいハプニングがあったのですが、それは本人に聞いてください。

しかし、淡路がホームと言っていることだけあって、野池ガイドとして力を発揮していたのではないかと思います。

そんな感じで二日目も終了し、23時くらいにジュント家に帰着。

そのまま、次の日の帰りのバスの時間までゆっくり熟睡・・・。















いやいや、冗談でしょ!!










3時間ほど仮眠して琵琶湖へGO!

サイズ狙いで南湖へ行きました。

せっかく琵琶湖行くなら量より質だよね。

ウィードをどうやって攻略していくかが勝負だと思いましたが、ジュントが「ミドストだと思うんだよね~」とか言って、やり始めると直ぐにヒットしてました。

005_20111108194211.jpg


しかも結構でかい!

しかし残念ながらフックアウト・・・。

実は淡路の野池でもビッグバドで2匹デカイのを獲り損ねているジュント君でしたが、琵琶湖でもやらかしちゃいました。

でも、これでパターンを掴んだのか5、6本ほどミドストでゲットしていました。

001_20111108194213.jpg


その後、車の上にワームボックスを忘れ、ワーム全部パクられた田代も、ジュントにワーム貰って、それを投げてみることに。

こんな変なので釣れんのかよーとか疑心暗鬼でしたが、この日まだ1本もバスを釣っていなかったのでやってみることにしました。

そしたら釣れちゃいました、46cmが。

002_20111108194213.jpg
003_20111108194212.jpg

ラッキーストライク!

午後になると風速6m/sほどの強めの風のせいで結構荒れてきてしまったものの、みんな終了時刻寸前まで頑張って釣りをしました。

夕ご飯はジュントの家ですき焼きを御馳走になりました。

二日間で「すき屋」に3回ほど行って、牛肉食いましたが、勝負にならないほど旨かったです。

本当にお世話になりました、またよろしくお願いします。

帰りは夜行バスに乗り関東に帰還しました。

なんだかんだで、釣り漬けのハイクオリティの合宿だったと思います。

最後に、田代的反省

・テキサスできないと獲れる魚が30%くらい減っている気がした。テキサスは必要。
・野池周りは結構高い草が生えているので、スピニングだとラインに草が巻き込まれてやり難い場面が結構あった。特に岸際のカバー周りとかは、ベイトの方が断然有利だと感じた。

PB051443.jpg


以上2011年関西合宿でした。
スポンサーサイト

関西遠征2日目

2010年11月02日 23:24

こんばんは。

かなりねむい西脇です。

・メンバー
西脇、岡本

・場所奥琵琶湖(大浦、奥出)

・釣果
各10本~15本


今日は昨日の玉砕もあり、気合を入れて頑張りました。なかなかハードベイト!!ってわけにはいかなかったけど、ライトリグとかでエリアを調べればナイスコンディションのバスが釣れました。

遡ること二年・・・・。

はじめて琵琶湖で浮かんだ日をつい最近果のように思い出しました。

あの時は一匹だけしか釣れなかったし、深い場所では全然何をしているかわりませんでした。

しかし、思い出に残る釣行でした。

あのころより、少し進歩した自分を確認することができました。

あ~~。楽しかったな~。

今回の魚

__.jpg
ナイスコンディション!

SA3E0001.jpg

すごいまんまるでした。

明日は、川田とシュウと合流し東播野池

翌日、四国野池に行って来ます!!

では次に乞うご期待。

関西遠征1日目

2010年11月01日 22:26

こんばんは、関西遠征一日目の結果です。

・メンバー

西脇 岡本

・場所

津風呂ダム、猿谷ダム、伊賀の野池

・釣果

・・・ZERO。


完全に玉砕しました(笑)明日の琵琶湖にすべてをかけます。

とりあえず、寒い!

明日につづく。

夏合宿 in 福島県 DAY2ーDAY3

2010年09月10日 21:04

こんばんは、西脇です。

~~二日目~~

二日目は、前日の疲れを引きずったまま小野川湖で釣りをすることにしました。

小野川湖はロケーションもよく、SUGOIアワーなどでも撮影が行われた穴場的釣り場でした

が!

人は少ないがバイトも少ないような気がしました。

前日の桧原湖でチビの爆釣を味わってしまい、味をしめたGメン達には刺激が少なかったですかね。

しかし、タイキはラバージグでなかなかのスモールを釣りあげていたようでした。

二日目
どやッ!

二日目
このサイズが今回釣れまくり。

なかなか大きいスモールを釣るのは難しかったです。

しかし、タイキと西村が60UPを目撃したようです。やっぱりいるんだな~。

しかし12時頃にはみんなの集中力も切れてしまい、早めに帰着し裏磐梯周辺の野池に繰り出すことにしました。

ここからはA班、B班に別れて移動することに。

ではまず、

A班

メンバー:田代、西村、西脇、山口

はじめに、小野川湖から5分くらいの小さい野池に行ってみることに

とりあえず、水がめちゃめちゃ綺麗。そしてスモールがウヨウヨ。

みんな何匹かは釣ったかな?しかしサイズは小さいかったようですが、山口が40くらいのやつをばらしてしまったようです。残念!

次に野池に行こうと思ったのですが確実に魚のいる桧原湖でのオカッパリに作戦変更し1日目とは逆の北側ですることにしました。

現地に着く山口が疲労と西村の運転の荒々しさから?車酔いでダウン・・・。

地形的には、遠浅でなかなかやりづらい感じだったんですが、桟橋を発見!

そこには結構魚がたくさんおり、ビッグベイトを投げたりするとデカイ魚がワラワラ見に来たりしておもしろかったです。

ここで、魚は写真撮り方によって大きさに大きな差が出ることが判明しました。

同サイズでかいよね~。

ほんとはこれ↓

二日目
世の中どうなっているかわからないね。

夢の50UPも目撃するものの、見事にルアーを見切られEND!

時間を迎え、ペンションに帰ることにしました。

次はB班です!タイキよろしく!

B班

メンバー:岡本、川田、楠田

B班も小野川湖周辺の野池を中心に回りました。

1か所目
雑草と温泉の廃墟に阻まれ水辺までたどり着けず。

2か所目
流れ込みとシェードの複合ポイントを発見。川田さんにアタリがくるものの釣りあげるには至らず。

3か所目
一面がハスに覆われていて釣りにならず。

4か所目
一番よかったのが最後に回った池でした。目視できるバスがたくさんいてその中には40UPのバスも結構いました。
数は結構釣れたのですが、食ってくるのはやはりチビばかり。そんな中、岡本さんはヤマトJrで40弱のスモールを釣り上げていました。かなり羨ましかったです。

写真は岡本さんお願いしますm(__)m



そして、晩飯を済ませてみんなで自分の特技について語り盛り上がった後、

卓球で負けたタイキが罰ゲームでした「テンションの高いクマの実」を発端に

川田の「テンションの高いソウダガツオ」

シュウの「テンションの高いドラえもん」が完全にGメンに火をつけ、ついに油性マジックを使用することにww

P9091361.jpg
タイキに卓球勝負を挑み見事に玉砕した結果、筆入れwww

そして・・・

じゅんと

こうなり・・・

その2
こうなりましたwwwはい、やっちゃいましたwww

そして、一番の被害者は・・・・田代www

たしろ
怖いねwww

そしてもう一人www

すかうたー
彼は戦闘能力を測れるようになったようですwww

そして散々やった結果・・・。

P9101362.jpg
この有り様ですwwwちなみに田代は目を開けてませんwww

そして、みんな疲れ果て就寝。

~~三日目~~

二日目のよかった野池に朝から直行しま・・・・・せんでしたw

というより、起きれず出発時間も危ういしまつ。

しかし、なんとか間に合って最後に集合写真をペンションの方に取ってもらいました。

P9101363.jpg
あれーwwwたまにはミスもありますよね。そうですよね。次々!!

P9101364.jpg
もはや笑うしかないwww山口無念www

帰りは山口がペンションから東大宮まで運転してくれてみんなばっちり睡眠でき、元気だったので田代とタイキ以外で柴山沼に繰り出すことにしました。

まさに青春!元気いっぱいです!

現地に着くとこの時期の柴山沼にしては水がよく、釣れるのではないかと期待に満ち溢れていましたが・・・

なかなか釣れない。

しかし口火を切ったのはシュウでした。沈みヘラ台をハンハントレーラーのダウンショットで攻略し27cm!

今回の合宿で学んだことが成果としてでました。すばらしいですね。

柴山沼でダウンショットとは・・・今までやったことがなかったな~と思い自分もダウンショットをやることに。

するとレッグワームできたナイスバス(37cm)!!

DSC00071.jpg


今回の合宿の課題というかやったことないし練習しようと決め、ひたすらやり続けたダウンショット。最初はよくわかんなかったけど今は少しはつかむことができたと思いました。

~~まとめ~~

今回の合宿は去年から更にパワーアップしたことは明らか。みんなからも楽しかったとかまた来たいとかバス釣りは面白いとか、お金はいっぱい使ったけど思い出もたくさんえることができたので問題なし!

宿のセッティング、レンタカー等を準備してくれた田代には感謝です。

楽しかったし、みんな確実にレベルアップしたと思います。またみんなでどっか行きたいですね~。

いや!行きましょう!

石川合宿

2010年08月08日 22:30

どうも。山口です。

ついにやってきました石川合宿。一泊4日(2泊?)となった今回の合宿は中々にきついものとなりました。


8月4日夕方~8月5日

談合坂SAで合流した東大宮組と横浜組は最終目的地である石川県七尾市に向かっていました。

非常に長い道のりになるため頻繁に休憩をとりました。

そして昼には諏訪湖が一望でき、夜は夜景が素晴らしい諏訪湖SAに訪れた。


100805_0006251.jpg

・・・いつかこの夜景を彼女と見たいものだと願ったのでした。


そして長い道のりを越えてたどり着いた石川県の某漁港。時刻は朝の5時半くらいだったでしょうか。


海を見てみると良型のグレ、チヌがあちこちにいるではないか。

これを見るやいなやすぐに竿を出したメンバー。ものの10分やそこらで川田がやりました。

DSC00027.jpg

アイスジグでのアジングに見事成功。

とりあえず他のポイントも見てみようということで、20分程度釣りをしてすぐに移動。


次のポイントではアタリはあるがのらないというのがちょくちょくあり、結局皆ノッシュ。



そして、次のポイントは今回の合宿のメインとなる能登島。

橋を渡るときの景色は素晴らしかったです。


・・・・が、いざ島を廻って見ると釣り場がない。堤防を見ても浅すぎて釣りにならなかったりと予想GAY。

妥協はしながらも一応釣り場(?)を見つけて早速開始。


そこで長田・鈴木・川田・逸見はもりで魚を狙うことに。残りのメンバーもとりあえず竿をだしました。






数時間ほどやって結局もりでも釣りでも魚はとることができませんでした。


着替えて釣具屋に向けて出発。


んで、やっちまった山口。

余所見をしてしまい、タイヤが溝に落ちてその衝撃で前輪左がパンク。後輪左のホイールが変形。








やっちまったーーーー!!


パニくる山口をよそに、スペアタイヤの交換に必要な道具を素早く用意する高澤。

高校の授業で習ったと言っていましたが、非常に素早くスペアタイヤに交換してくれました。


彼が居なかったら大きなタイムロスになっていたでしょう。本当に感謝です。


スペアは一つしかなく、前輪左は交換できてもいつパンクするかわからない後輪左をつけたままで石川から埼玉に帰るのは非常に危険だということで、急遽オートバックスに向かいタイヤを購入。

その額3万3千円。

山口、心の中で号泣でした。

しかし、レンタカー屋に直接連絡まで取って、話を付けて出費を安くしてくれたオートバックスの店員さん。ありがとうございました。


とりあえず釣具屋に向かった後、宿に荷物を置いてその日最初に竿を出した場所に移動。


が、朝と大きく様子が異なり目視で確認できる魚がほとんどいない・・・


そして釣れない・・・



このままでは夕飯がっ・・・!ってことでサビキを数人が開始。

豆アジや鉛筆サヨリがポツポツ釣れてどうにかオカズは調達できました。また、長田の親戚の方がうどんを提供してくれてその日の夕飯はこれで決まりました。ありがとうございました。


100805_1827101.jpg

こんな感じのチビちゃんを20~30くらい釣りました。写真は新しく入ってくれた小平君です。

そして、川田がまたアイスジグでやってくれました。

100805_1834341.jpg

20cmくらいのタケノコメバル。五目釣り達成まであと3匹。

日も暗くなり、部屋に戻って夕飯の支度をすることに。

んで、その道中。今度は川田がやってしまいました。

狭いT字路を左折するときに・・・・


ガリガリガリっ




どんまいです。



借りた時は走行総距離7千kmの新車が一日でひどい有様になってしまいました・・・。
レンタカー屋の方々、大変申し訳ありません・・・

んで、食事。豆アジなどは天ぷらにしていただきました。うん。美味。

その日は皆疲労困憊で早めの就寝。翌日4時に起きて釣りに行こうということになりました。


8月6日

おはようございます。ただいまの時刻




11時



でございます。

その日釣りを開始したのは朝飯兼昼飯を済ませた、13時ごろとなりました。

最初に向かった場所は初日に向かった2番目の場所。


もう釣れればなんでもいいっ!ってことで鈴木以外は皆餌釣りに転じました。


で、釣れる釣れる。

DSC00029.jpgDSC00031.jpg

写真はチビハゼですが、良型のハゼやキスがたくさん釣れました。

んで、その日の一番の大物。やっぱりやってくれたのは川田。

DSC00030.jpg
ハゼもあわせて五目釣り達成まであと一匹。が、結局4種で終わってしまいました。おしかった

こんなでかいクサフグは初めて見ました。ビックリです。

だいぶつれなくなってきたので、次のポイントへ。


しかし、時間帯が悪いせいかそこのポイントも釣れない。場所移動。


そして、今回の合宿で最後の場所となった小さな漁港。

船下にメバルがいるかもしれない、と山口もここで餌釣りを中止。ワームでチマチマ狙ってみました。


そんな中、餌釣りはやはり強し。良型のハゼをポンポンと釣り上げます。

結局メバルはつれず、そこでもハゼばかりが釣れました。

その日だけでハゼがざっと50匹は釣れたんじゃないでしょうか。

数が数だけに、部屋に戻ってから調理するのは非常に大変だということもあり、簡単な下処理もすませました。

途中、あまりの数に嫌気がさした山口の変わりに1年生が頑張ってくれました。初めて魚を捌くという人もいましたが、無事に終えることが出来ました。来年もお願いします。

んで、その日はハゼの天ぷらとキムチハゼ鍋、長田の親戚の方からいただいた刺身となりました。
本当にありがとうございました。


天ぷら、鍋は1年生が中心となって頑張って作ってくれました。ありがとう。

そして何もしなかった人。マヂふざけんな

DSC00032.jpg
おいしく美味しくいただきました。





食事もすませ、後は帰る時間までのんびりタイム。

DSC00035_20100809013243.jpg

こんなちょっと危ないことしたり、

DSC00034.jpg

逸見の筋肉ヤヴェーっ!ってなったりなどなど。


8月7日午前2時。

天気予報で石川県に雷雨注意報。こいつぁやべぇってことで急いで荷物を載せて出発。

横浜組と東大宮組で帰る方向が異なるため、ここで解散となりました。

その日の朝9時過ぎに東大宮に到着して、レンタカー屋にごめんなさいしに言って完全に解散となりました。





今回の合宿、どうだったでしょうか。初めての合宿となった1年生はどう感じましたか?

あくまで自分の感想ですが、デカイ魚が釣れなくて少しがっかりでした。また、夜釣りも出来なかったのは今思うと残念です。なかなか難しいなぁと思いました。あと、事故さえなければ・・・・・って思ったり。


最後に、今回の合宿の予定・金額を組んでくれた長田。お疲れ様でした。ありがとう。

来年の合宿こそはでっかい魚を釣り上げたいもんです。


ではこれにて。 駄文&長文失礼しました。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。