スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総

2010年12月20日 00:26

最近の湾奥の釣行では新規開拓で荒川中流域や中川を見て回っているのですが、まだ釣れません。

ハイシーズンには人が常に入っていたポイントなどでも今やほとんど人がいません。

自分も竿を振っていられる時間がかなり短くなってきています。


そんな湾奥の釣りと少し離れて、南房総に再びヒラメを狙いに行くことになりました。

前にも行ったけど今回は二回目なので何としても釣りたい所。

土曜日の深夜に出発し3時くらいに現地に到着。

一通りポイントを見て回った後、4時にスタート。

10分も経たないうちに一緒に行った人の一人がシーバスを釣りました。

自分はsasuke120裂波とハニトラ95でフグを2匹・・・。

しかし、空が明るくなり始めたタイミングで沈み根の隙間をsasuke140裂波で通していると

ガガッ

シーバスとは明らかに違う引き。

しかも、普段60upのシーバスを掛けても一切出ないドラグが2回出されました。

あろうことか指先に寒さのせいで力が入らず全然巻けない。

頑張って巻いて魚の姿が波打ち際に見えました。

50センチくらいのヒラメ。

もう少しでランディングというところでルアーが吹っ飛んできて、服に裂波が突き刺さりました。

まさかのフックアウト。

しかし、これで集中力が高まりました。

目ぼしい場所をとにかく打ちまくり、移動を繰り返し探っていること1時間。

日も完全に昇り切った頃に本日二度目の

ガガッ

指先も寒さに順応していたので今度は瞬殺しました。

型落ちしたけど念願の初ヒラメ。

002_20101219235915.jpg

さらに次を狙いに行ったのですが、結局この後は誰もアタリを出せず19時前に終了して房総ラーメンをおごっていただき帰宅しました。

今回は風はそこそこあったものの前回の風速14m/sとは比較にならないくらい釣りやすかったです。

ベイトの気配も結構あって、釣ったヒラメの口には1、2センチくらいのシラスみたいなのが入っていました。

それでも14センチミノーに出るっていうのが不思議です。

003_20101219235915.jpg

すごく寒いけどシーズン中にまた行きたいな。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。