スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湾奥ラストシーバス

2012年01月25日 00:35

卒論の提出も無事に終了し、後は卒論発表して卒業です。

今週の土曜日に江東区から町田市の方に引っ越しが決まりました。

で、予定を確認すると・・・あれ?今日行かないともう釣り行けなくね?

この時期は結構シーバスを釣るのは難しいのですが、徐々に湾奥にもシーバスが戻り始めていることでしょう。

寒すぎるので家からほど近いポイントに行くことにしました。

湾奥ラストシーバス釣りスタート。

ちなみに、二年前に引っ越してきた日に行ったポイントです。

昨日の雪がまだ残っていました。

002.jpg

取りあえず、気持ちを前向きにする意味で釣れるプラス要素を検索。

雪解け水の真水の影響で濁りが出ている○

なんかサギみたいなスラッとした鳥がいる○

大潮で潮目が出ている○

ただ魚が居る場所までは遠い・・・。

魚数が多くはないと思うので、明暗ポイントでも適当に流し込むのではなく、橋脚やブレイクラインを絡めないと多分釣れない感じ。

去年のこの時期のパターンを思い出すと、スローピッチなシンキングペンシルが良かった気がする。

ヨレヨレをセット。

橋脚までは50mくらいあるので他のシンペンだと届きません。

立ち位置とロッド角度を変えながら、橋脚際をできるだけ長く通せるコースを探していきます。

一時間ほど投げていると、いい感じでキャストが決まり、ルアーが橋脚に当たるか当たらないかスレスレを通過。

ゴン

うおー、いたー!

001.jpg

ホントに釣れなかったらどうしようかと思っていたので良かった!

サイズは大したことはないのですが、うれしい1本。

湾奥ラストシーバスは同じ場所でヨレヨレで始まりヨレヨレで終わりました。

三時間ほどの釣行でしたが、これにて撤収。







今回で自分が湾奥シーバスの事について書くのは最後となりました。

この界隈に引っ越してきてからかなりの時間をシーバス釣りに費やしました。

キツイことも結構ありましたが、それ以上に楽しかったです。

この経験を今後も生かしていきたいと思います。

以上湾奥ラストシーバスでした。



スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。