スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリフトペンシルシリーズ制覇

2011年10月08日 11:19

エクリプスから出ているヴァリアントドリフトペンシルというルアーがあります。

シンキングペンシルでサイズが110,90,75とそれぞれ場所やベイトによって使い分けができるようになっています。

ちなみに、75はこのサイズではありえない飛距離がでる反則ルアーです。

さらに、自分が一番良く使用する90はベイトがサッパでもイワシでも、なんとバチの時も活躍してくれるルアーでした。

そして、最後に110。

実は昔、自分の誕生日に爆釣Gメン24時から贈られた思い出ルアーです。

なんとかこのルアーでシーバスを釣りたかったのですが、なかなか使い方が分からずに苦労していました。

第一に、飛距離が出ない。

え?普通110が1番飛ぶんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。

じゃあ、やってみるがいいさ!

絶対に90の方が飛ぶよ!!

と言うのも、元々110は磯マルやヒラスズキなどの外洋を攻略するためのルアーなので、そこらの港湾部のタックルでは重くて振りぬくことができないです。

だから練習しました。

その結果、すっげー飛ぶようになりました。

なので、後は使うべき時に投げて、釣るだけだなと思っていました。




金曜日は研究室の報告会が毎週あるのでそれが終わってからの出撃となります。

家に帰ったのが22時くらいだったので、風呂に入って少し準備して2時から釣りをスタートしました。

いつもやっている場所に人がいたので、少し離れて初めてやる位置で釣りをしました。

ブレイクの位置や、地形変化が分からなかったので不安でしたが開始して直ぐにkomomo SF-125にゴツンと当たりがあったので魚はいるみたいで安心しました。

しかし、その後は当りがなくなり沈黙。

持ち込んだミノーをほとんど投げ倒しましたが結局ノーバイト。

そこでシンキングペンシルへシフトします。

最初に投げるのはドリフトペンシル90。

飛距離を生かして広範囲に探りますがノーバイト。

そこで沖のサンドバーを打つことにしました。

いつもはバイブレーションで狙うのですが、今日は魚が表層にいる感じがしていたので、ドリフトペンシル110をセット。

すると、着水5巻き目でゴンとヒット。

びっくり合わせしてしまい寄せて来る途中でフックアウトしました。

しかし、まだまだ釣れる気配はしたので、角度を変えながらサンドバーの上をできるだけゆっくり長く引ける位置を探しました。

いいキャストが決まり、お、これは食っただろ?と思った瞬間にヒット。

これも着水10巻き目くらいでした。

遠くでエラ洗いしていましたが、かまわず水上スキーファイトで一気に寄せてきました。

001_20111008111031.jpg

フッコサイズですが、普通のミノーやバイブでは絶対に獲れないフッコです。

そして、晴れてドリフトペンシルシリーズの全サイズでシーバスを釣ることができました。

まだシーバスが居そうな感じだったので同じように投げ込むとまたヒット。

002_20111008111031.jpg

サイズアップできました。

その後は明るくなり始めて、バイブの釣りにシフトしてマルタを2本、エイを1本釣りました・・・。

結局デイゲームではシーバスは釣れず帰宅しました。

世間的には今週は3連休だそうで、人が多いですね。

でも夕方も行くけどね!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bakucho24.blog40.fc2.com/tb.php/316-abb4e7bf
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。